View this post on Instagram

【108春のUPD祭り:お掃除新基準】 対応と言うより新しい基準、つまりはいつものアップデート☆ 今回はたくさんなので、順次まとめていきます。 お掃除新基準という事で、此度のウイルス対策で各所にて具体性を増した公衆衛生の観点から、新たな清掃手順を考察してみました。 あまり細分化しすぎても続かなかったら本末転倒なので、清掃箇所や用途から分類し直し(あるいは追加し)て、適切な洗剤・消毒剤を割り出します。 具体的には、「接触頻度」と「洗浄相手の材質・用途」の条件を掛け合わせて必要な種類・濃度の溶液を作り、それぞれに適切な方法で使用する形となります。 手順も出来る限りわかりやすく単純にする事で、誤用防止と効率アップに繋がるかと。 手間と時間は少し増えますが、例えば店内全体に噴霧する消毒剤(次亜塩素酸水)には、消臭効果もあったり、なかなか洗濯出来ない暗幕やソファーの手入れにも一役買っています。 安定しにくいので作りおきが出来ませんが、余っても何かと使えるんで重宝。 いわゆるライブハウス臭は徐々に消えていく遺産とも言えますが、これも時代の象徴なんだろうと思うことにしてます。 守るべきは未来だ☆ 追)誤用の例 手洗いの排水トラップ(金属製)を、次亜塩素酸ナトリウム溶液に浸け置きした場合。 古くなっていたのもありますが、見事に亀裂が入りました。 人体に有害なものを使用の際は最新の注意が必要です。 #108春のUPD祭り

A post shared by KOBE108 (@kobe108) on

今月の注目スケジュール

  1. 31 Tue 2022