View this post on Instagram

【108春のUPD祭り:換気量爆上げへの道③】 対応と言うより新しい基準、つまりはいつものアップデート☆ 今回はたくさんなので、順次まとめていきます。 あ!のつづきから 以前、音もれが大きいからと、ダクトを外して埋め直した記憶がよみがえります。 急ぎ封印されてた換気設備を調べてみると、驚くべき段違い性能があることが判明。 そりゃ魚焼いてはりましたもんね。。。 200Vの動力電源駆動で、圧力も高く期待出来る。 さっそく電気屋さんに相談の上、試運転も無事成功。 元々厨房があった場所まではダクトが引かれたままになっているので、まずはそこからフロアまで延長します。 連日トラックで届く材料を黙々と設置。 次は、埋めた穴をブリブリ空け直し、1号2号からさらに強化を施したサイレンサー3号を出口に取り付け、最後にでっかいファンと接続します。 3号は吸音が二層になっていて、外は遮音シートでくるんだので、重くて大変でしたが、見事に音漏れを押さえることにも成功しました。 換気能力も明らかに実感出来ます。 少しボーボー鳴るのは我慢かな。 念のため、人密度や床面積を元に定めれらている換気量と比較計算してみましたが、クリアして余りあるくらいの筈です。 延ばした分のロスとかあるとしても、200Vのファンにはさらに高出力のものが沢山ある様なので、場合によっては取り替えることもあるかと。 こっから先はプロと相談ですね。 という訳で、長くなってしまいましたが、換気編は以上でご報告終了です。 塗装もしたい(赤or黒で迷ってます)けど、4月もハコの稼働はほとんど無さそうなので、ゆっくりのんびりですかね。 お手伝いしたげてもいいよって方は、是非お声かけください☆ #108春のUPD祭り

A post shared by KOBE108 (@kobe108) on

今月の注目スケジュール

  1. 31 Tue 2022